グローブシップ株式会社

HOME>企業情報>社長挨拶

来るべき新時代に向けこれからもお客様のFMパートナーとして、共に成長してまいります。 代表取締役社長 矢口 敏和

創業65年を超えるビル管理業界の草分け「ビル代行」と「日本ビルサービス」が共に手を結び、2015年よりGLOBESHIP株式会社として新たな歩みをスタートさせました。2社の統合によりネットワーク拡充と専⾨性が強化され、快適環境創造のリーディングカンパニーとして着実に成⻑を続けております。

社員ひとりひとりの「人」としての成長を⾒守り、常に「お客様のために何ができるか」を考え、“志”と“誇り”を持って健全に働ける社⾵を築き上げています。

地球にやさしく安全で快適な環境づくりを⽬指すという企業理念のもと、積み上げてきた実績と人間力により新たな価値を生み出し、これまでのBM(ビルメンテナンス)の枠を超えた IFM(総合施設管理)へと業務範囲を拡大しつつあります。

既に欧米ではIFMの考え方が浸透していますが、日本ではまだまだ業態として未確立で、その開拓の余地に⼤いに期待しております。今後は、建物施設のみならず、お客様のノンコア業務全般をお任せいただくことで、かけがえのないビジネスパートナーとして頼られる会社になりたいと願い、全社を挙げて「戦略FMパートナー」と銘打ったFM事業を展開してまいります。

業務の基礎となるビル管理を含めた新たなFM戦略においても、どこよりも質の高いサービスを提供し、お客様と共にビジネスの成功へ向けて邁進することで、社会貢献へと繋げてまいります。

当社では各分野の専門家を擁しておりますが、どの窓口からのご要望であっても、すべてワンストップで対応できる体制を整え、「グローブシップに任せておけば安心」と言っていただけるよう、感動と驚きを与えるソリューションを提供し、業務を遂⾏してまいります。

また、5年後10年後の新たなチャンスに向けて、今からしっかりとした構想を構築、万全の計画準備を進め、来るべきFM新時代を戦略的かつ積極的に牽引してまいります。

どうぞこれからのGLOBESHIPにご期待ください

代表取締役社長 矢口 敏和

ページトップへ