グローブシップ株式会社

HOME>ニュースリリース>2017年>2017年8月3日

NEWS RELEASE 2017年

「戦略FMパートナーのグローブシップ」を目指し7月より具体的なブランド構築の取り組みを開始

1. 「GS WAY」による全社員の意識・行動改革

 当社では、2016年4月にブランド構築についての基本的な考え方、方向性を検討するため、社内にプロジェクトチームを立ち上げ、準備を進めて参りました。2017年4月に「戦略FMパートナーのグローブシップ」をキャッチコピーとする当社のブランドの基本コンセプト、骨格を固め、7月より具体的な構築の取り組みを開始しました。

 具体的な取り組みとしては、2年前に会社の基本方針に合わせて策定した9項目の「行動規範」を、より具体的で分かり易くした16項目からなる全社員が業務を遂行する上で順守すべき行動指針「グローブシップ ウエイ(GS WAY)」を策定、その解説書を印刷して全社員及びグループ会社、協力パートナー会社に配布し、その徹底を図っていくこととしました。「GS WAY」はグローブシップ(GS)の仕事の流儀ですが、全社員の意識・行動改革を定めたもので、私たちの志、夢、あるべき姿を示しています。

 また本年6月には当社のサービスについての紹介のほか、日頃の業務内容や取り組み、業界に関わる旬な情報をお届けする中で当社が大切にしている思いをお客様にお伝えするツールとして社外報「GS way」を創刊致しました。定期的に刊行し、少しでもお客様に役立つ情報の提供に努めてまいります。

2. 7月24日、イベントセミナーを開催

 7月24日には、当社のブランド戦略をご理解いただくため、本社9階の会議スペースでイベントセミナーを開催させていただきました。当日は日本オフィス学会会長で日本ファシリティマネジメント協会理事の松岡利昌様から、世界や日本のFM市場の最新の動きや戦略的なFMアウトソーシング、ロボット・AIを活用した施設管理の最先端についてお話しいただきました。

 その後当社と総合施設管理(IFM)の世界最大手であるフランスのソデクソ社との合弁会社「グローブシップ・ソデクソ・コーポレートサービス株式会社(GSS)」のStrategy & Marketing Directorを務めているMark Peter Hillから「IFMの特徴と利点」について説明し、当社ブランド委員会委員長の神部常務から「グローブシップのブランド戦略」について説明致しました。

 当社では、今後お客様にとって欠かせない戦略的なビジネスパートナーになれるよう努力して参りますので、忌憚のないご意見、ご感想をお聞かせいただけますようお願い申し上げます。

ページトップへ