グローブシップ株式会社

HOME>サステナビリティ>コンプライアンス

コンプライアンス

グローブシップのコンプライアンス行動指針は、「グローブシップの基本方針(ミッション・ビジョン・バリュー)」、「行動規範」、「GS WAY」および「コンプライアンス・マニュアル」に基づいて、法令はもとより社会規範や企業倫理、道徳等の観点から、グローブシップ・グループの役職員の一人ひとりが正しく理解し、適切に判断・行動するための基準を示すために制定したものです。

1. お客様に対する姿勢

顧客本位の提案とサービス・信頼の向上

  • お客様本位の姿勢を貫き、お客様と共に成長するパートナーとして、常にお客様の期待に応えます。
  • お客様からの声を誠実に受け止め、サービス品質の向上に生かしていきます。

健全な取引

  • 取引先とは、関係法令遵守の下で、公正・透明な関係を維持し、不当な要求は行いません。
  • 反社会的勢力等には毅然と対応し、取引を絶対に行いません。

2. 社会に対する責任

ルールの遵守

  • 法令や社会規範等のルールを遵守することはもとより、高い倫理観や道徳等に基づいた誠実な行動をとります。
  • 一人ひとりが担当業務を忠実に履行するとともに、社会の一員であることを自覚し、良心に恥じない節度ある行動をとります。

適正な情報管理

  • 業務を通じて取得した情報は、関係法令および社内規則に基づき、適正に管理します。
  • 情報セキュリティ環境を構築・堅持し、お客様に関する情報およびグループの情報資産をあらゆる脅威から保護します。

適正な情報開示

  • 情報開示に際しては、虚偽の報告をしたり、不正な事実を隠したりしません。
  • 会計資料には不正な記録を行わず、保存するべき情報は適正に管理します。

3. 職場における心構え

モラルの高い労働者

  • 労働関係法令や社内規則を遵守し、公正で誠実な企業風土の構築・浸透を目指します。
  • 一人ひとりが業務知識・専門性・人間力を高め、チームワークを最大限に発揮し、環境変化をチャンスと捉えて、新しい業務などの取り組みにも挑戦します。

NOハラスメント

  • 各種ハラスメント行為の予防に努め、品格があり、モラルの高い労働環境の維持に努めます。
  • 各種ハラスメント行為が発生した場合はこれを放置せず、厳正に対処し、再発防止に努めます。

多様性の尊重

  • 一人ひとりの人種・プライバシーを尊重し、人種・国籍・宗教・思想信条・性別・障がい等の特徴による差別を排除し、協力して働きやすい関係を構築します。
  • また、一人ひとりの個性を尊重し、魅力ある労働環境作りに努め、お客様や社会の発展に貢献します。
ページトップへ